2019.05.29 Wednesday 10:45

ジャックストーンとポルボロン

  • Author : coba
  • 0

    私が行っていた学校では子供の頃ジャックストーンという遊びが流行っていました。

    西洋のお手玉といった感じの遊びで、床に4,5人輪になって座り込んで休み時間中遊んでいました。

    何人かのクラスメートが持っていたので、「どこで買ったの?」と、尋ねると「PX」

    家に帰って父親に「学校で流行っているジャックストーンが欲しい」「PXで売っている」と、ねだりました。

    「ジャックストーン?PX?」

    何のことやらわけがわからないまま父は翌日会社で「ジャックストーン」「PX」と、何人かの同僚にたづねたようです。

    アメリカの玩具で、米軍の購買部で売っているのじゃないかと・・・見当がついて、後日誰かに買ってきてもらいました。

    同僚の方には、仕事と全然関係ないことで、えらい迷惑を掛けてしまいました。

    おかげさまで私は大喜びで学校に持参して、休み時間ごとに床に座り込んで遊んでいました。

     

    ポルボロンというのは、スペインのお菓子です。

    スペインから海を渡ってきたマドレ(修道女)が創立者なので、修道院で作られた、ポルボロンやロールケーキ(ブラソデヒタノ)、クッキーが売店にありました。

    放課後下校する生徒たちが途中お腹ペコペコにならないようにという配慮だったようで、私たちはおこずかいで1つ2つ買って食べてから帰宅していました。

    私は学校から歩いて5分のところに住んでいましたから、そんな心配は無用でしたが・・・、バスや電車で通学している食べ盛りの生徒たちはうれしかったでしょうね。

    下校途中での寄り道や買い食いなどは、たぶん校則違反で禁止だったでしょうから。

    ポルボロンはアーモンドパウダー、小麦粉、ラード、砂糖などで作られていて、手にするとほろほろと、崩れてしまうデリケートなお菓子でした。

     

    ジャックストーンとポルボロンのシーンを描いて、ギャラリーの「制服の少女」にアップしました。

     

     

    • - | - | - |

     
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    RECOMMEND
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.